WORLD

あらすじ
『灯火が全てを紡ぐ』をテーマにしたメアリスケルター最終章!
ジェイル――――それは「生命ある監獄」と呼ばれる難攻不落の人間収容所。

数十年前に突如生まれたこの監獄は、「メルヒェン」と呼ばれる化け物
それを統率する狂気の存在「ナイトメア」によって管理されていた。

童話の転生体であるジャック率いる血式少女達は、
「運命からの脱獄」を果たし見事地下監獄から地上へと昇り着いたのであった…。

地上への希望を胸にジャック達が初めに見た景色…。
それは血の海に浸かった数千人の死骸
そして"処刑台少女"の狂った笑い顔であった。

処刑台少女の圧倒的な殺戮・暴力の前に散り散りになる仲間たち、
それは一筋の希望を処刑していくようであった。

人を殺すために生まれた処刑台少女「火あぶり柱」
仲間のために血の一滴さえも捧げる血式少年「ジャック」
存在意義の灯火を奏でるマッチ売りの少女「メアリー」
自らを"監獄塔"と名乗る謎の少年「ジュウ」
父への想いに悩み苦しむ血式少女「赤ずきん」
何者でもないただの少女「くらら」

全ては空高く浮遊する「悪食の監隊塔」へと導かれていく…。
これはちっぽけな地球(ホシ)から脱獄を図るために、
憎悪と友愛の灯火を辿っていく少女達の終焉の脱獄劇である。