Tips

ーム

天空都市オデュッセイア

「ワールズ・オデッセイ」の世界の中で、2000年に一度、大陸の上空に現れると神話に描かれた伝説の天空都市。
神話から2000年後が「ワールズ・オデッセイ」の現在となっており、伝説を求め、多くの者が冒険家となり世界を旅している……という設定。
バグに侵食された後、オデュッセイアは崩壊してしまっているが、いまだその残骸が浮遊している。

冒険家

「ワールズ・オデッセイ」の設定では、現在から100年前、誰も信じていなかった天空都市の存在を信じた者が天空都市を求めて旅をし、その過程で様々な発見や功績を残し、世界の発展に貢献した事から、「冒険家」という職業が世間に認められるようになる。
そして、その「冒険家」となるのが、元々の予定ではプレイヤーだった。

エントマ

ワールズ・オデッセイの世界で発生したバグは「蟲」として実体を持ち具現化している。
この「蟲」達はキャラクターやモンスターなど、あらゆるものに寄生し、精神と体を蝕み、その存在を喰らい尽くす。ワールズ・オデッセイの世界の住人達は恐ろしい存在として「エントマ」と名付け、畏怖している。

バグゥ

しいな達は、「エントマ」を逆に支配し、利用する事ができる特殊な存在である。
しかし何故、エントマを支配できたのかは本人たちもわかってはいない。
彼女達に支配されたエントマは小さな妖精のような形で現れ、しいなは「バグゥ」と呼んでいる。

マーターズ

元々ワールズ・オデッセイの世界に存在するモンスターだったが、
エントマに寄生され、凶暴化し、異常な姿へと変貌を遂げている。

現実オブジェクト

しいな達は本来ゲームの世界にあるはずの無い、現実にあるなにかをゲームの世界で見つける事がある。
これらは一体何を意味するのか。手に入れたオブジェクトから情報を得て、新は実際に謎を探っていくが、その先には更なる謎や事件が待ち受けるのだった。

【日記帳】
バグに侵食されたゲーム「ワールズ・オデッセイ」の中で見つかった日記帳。
何かに怯える様子が書かれ、隅には日本の住所が記載されている。